【先週の重賞分析】

先週は、福島競馬場で第57回・ラジオNIKKEI賞(G3)が、函館競馬場で第15回・函館スプリントステークス(G3)が行われた。

見事、ラジオNIKKEI賞(G3)を制したのは、内田博幸騎手騎乗のレオマイスターだった。

レース中盤は中団外めを折り合いつけ進むと直線では前を行くノットアローンを最後差し切った。

鞍上の内田博幸ジョッキーは、馬場の悪い内に入れず外々を気分良く走らせようと思った」この荒れた福島の馬場を考え、丁寧に騎乗した結果の表れだった。

一方、函館競馬場で行われた重賞、函館スプリントSは、圧倒的な一番人気に推された岩田騎手騎乗のキンシャサノキセキが直線鮮やかに抜け出すと圧勝した。

岩田ジョッキーは、今日は思い通りの競馬ができた。」と自画自賛、ようやく同馬も重賞の盾を手にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

古江
2008年07月09日 00:39
ウィス!! 
久しぶり~。。頑張ってんじゃん。
中学時代から競馬の実況中継してたよなぁ。
顔変わらないな。。若いわ河田(笑)
ねらえリッチウーマン
2008年07月09日 08:15
すごいです^^

この記事へのトラックバック