【先週の重賞分析】



先週は、中山競馬場で第65回・中山金杯(G3)が、京都競馬場では第54回・京都金杯(G3)が行われた。


見事、今年の中山金杯を制したのは、池添騎手騎乗のヤマカツエースだった。


レース中盤、5番手を走るヤマカツエースは、四コーナーで徐々に進出する。


直線へ向くと、逃げるマイネルフロストを捕らえると豪快に差し切り勝ちを決めた。


鞍上の池添ジョッキーは、「自分から動いて後ろもしのいだ…成長している」と、レース後、同馬を讃えていた。




一方、京都金杯を制したのは、川田騎手騎乗のウインプリメーラだった。

こちらは、先行抜け出しのレースで、ウインプリメーラは、重賞初Vを決めた。


また、ウインプリメーラは、これまで全4勝を京都で挙げている京都巧者、ここでもコース巧者ぶりを発揮する形となった。


鞍上の川田ジョッキーも「京都が得意なので楽しみにしていました…終始良いリズムでレースが出来ました」と、こちらも騎乗馬を労っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック