【先週の重賞分析】



先週は、東京競馬場で第30回・根岸S(G3)が、
京都競馬場では第21回・シルクロードS(G3)が行われた。


見事、今年の根岸Sを制したのは、戸崎騎手騎乗のモーニンだった。


好スタートを決めたモーニンは、しっかり好位をキープすると、そのまま直線へ
直線で追い出してからもしっかり伸び、全く危なげなく同レースを快勝した。


モーニンは、6戦5勝でフェブラリーSに向かう事になる。



一方、シルクロードSを制したのは、浜中騎手騎乗のダンスディレクターだった。


内枠から好スタートを決めたダンスディレクターは、ロスなく、好位先団を追走する。


直線へ向くと、内々から抜け出すと、逃げるローレルベローチェをしっかり差し切り、勝利した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック