【先週の重賞分析】




中山・中山牝馬ステークス(G3)
馬単\2,350円的中!



先週は、中山競馬場で第34回・中山牝馬S(G3)が、

阪神競馬場では第50回・フィリーズR(G2)が、

中京競馬場では第52回・中日新聞杯(G3)が行われた。



見事、今年のフィリーズレビューを制したのは、川田騎手騎乗のソルヴェイグだった。


好位でレースを進めたソルヴェイグは、直線で抜け出すとアットザシーサイド以下の猛追を退け、重賞初勝利を決めた。


鞍上の川田ジョッキーは、レース後、「馬も良く頑張ってくれたし、直線までスムーズに走れればと思った」と、いたって冷静だった。



一方、中山牝馬Sを制したのは、吉田豊騎手騎乗のシュンドルボンだった。


こちらは、道中、後方でレースを進めると、直線では外から脚を伸ばすと、見事な差し切り勝ちを決めた。



鞍上の吉田豊ジョッキーは、「折り合いもついて上手な競馬が出来ましたが、あんなに切れるとは正直思いませんでした」と、こちらは、驚きの表情で語っていた。



また、中日新聞杯(G3)を制したのは、川田騎手騎乗のサトノノブレスだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック