【先週の重賞分析】




先週は、中山競馬場で第76回・皐月賞(G1)が行われた。



見事、今年の皐月賞を制したのは、蛯名騎手騎乗のディーマジェスティだった。



3強と云われた、今年の皐月賞だったが、終わってみれば、8番人気の伏兵馬の激走だった。




道中は、後方からゆっくりレースを進めると、直線力強く弾けると、豪快に差し切った。




今年の桜花賞は1強、皐月賞は3強といずれも謳われながら、結果は敗れるという…
例え、展開云々はあったとしても、過大評価をし過ぎていたのではないか?という疑問も残った。


各々のトライアルでの強い走りに感化され、力関係を気にせず、トライアルでの強い勝ち方をした勝ち馬達に高い格付けしていったのも否めない気がする。



誤解のないように言いたいが、
決して人気に推されていた馬達が、能力が低いとは思っていない。



ただ、今一度、昨今のトライアルレースの位置付けなどを整理して予想に反映させる必要に思う。



今後のクラシックレースに関しても、トライアルを含め、しっかりと検討していきたいと考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック