今週の重賞展望



今週は、東京競馬場で、第53回・共同通信杯(G3)と、第54回・クイーンC(G3)が、

一方、京都競馬場では、第112回・京都記念(G2)が行われる。

ここでは、G2である、京都記念の展望を少し・・

まず、過去10年のデータで、前走のレース別でみていくと、3着以内に入った約8割の馬達が、G1レースからの直行組だった。


また、年齢別にみていくと、4歳勢が強いレースで、近年は、5、6歳馬の活躍も目立っている。


また、人気別にみてみると、伏兵が3着に絡む事も多いが、基本は、人気サイドでおさまる堅実なレースが多いといえそうだ。


最後に、出走馬で注目所を挙げると、

まずは、マカヒキに、パフォーマプロミス、ダンビュライト、ダッシングブレイズ


他にも、タイムフライヤーに、ノーブルマーズ、ブラックバゴ、ステイフーリッシュなど、気になる馬も多い。


今週の伝統の一戦も、是非とも熱いレースを期待したい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック