今週の重賞展望



今週は、中山競馬場で、第79回・皐月賞(G1)が行われる。

まず、過去のデータで、前走レース別でみていくと、

前走が、「共同通信杯組」「スプリング組」が、優秀な成績を残しており、次いで、「弥生賞組」も健闘している。


また、近走、芝1800M以上の重賞実績がある馬達も高く評価したい。


更に、人気別にみていくと、近走、平穏な決着が続いているものの、超人気薄が台頭する波乱傾向になるケースもあるだけに要チェックだ。

また、好走馬のほとんどの馬が前走4着以内の馬だったのも、一考に。



最後に、出走馬で注目所を挙げると、

まずは、サートゥルナーリアに、ダノンキングリー、アドマイヤマーズに、アドマイヤジャスタ


他にも、ファンタジストに、ニシノデイジー、ランスオブプラーナ、メイショウテンゲンなど、気になる馬も多い。


今週は、三歳牡馬のクラシック一冠目、
是非とも、熱いレースを期待したい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック