重賞レース展望

今週は、東京競馬場で、第160回・天皇賞[秋](G1)が行われる。

過去10年の3着以内馬をみていくと、
近走で好走している馬達の活躍が目立っている。

更に、近走で、芝のG1レースで連対果たしている馬達は要チェックだ。
加えて、距離適性の有無も一考に入れておきたい。


また、馬番別にみていくと、
内・中枠有利なデータが残っており、
極端な大外枠には不利なデータが残っている。


最後に、出走馬で注目所を挙げると、

まずは、アーモンドアイに、サートゥルナーリア、アエロリット、アルアイン

更に、マカヒキに、スワーヴリチャード、ワグネリアン、ウインブライト


他にも、ユーキャンスマイルに、ドレッドノータス、ダノンプレミアムなど、かなり豪華なメンバーが揃った。


見応え十分なレースになりそうな
今年の天皇賞[秋]、是非とも、熱いレースを期待したい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント