天皇賞(秋)の重賞展望

今週は、東京競馬場で、第166回・天皇賞[秋](G1)が行われる。


まず、過去のデータで、年齢別にみていくと、3着内に入った馬が、ほとんど5歳以下で、6歳以上の馬には苦戦傾向なデータが残っている。


また、G1経験を含め、重賞実績のある馬、コース実績があるのも、必要不可欠なデータだといえる。


また、脚質別にみていくと、やはり差し馬が中心のデータが残っている。


最後に、出走馬で注目所を挙げると、

まずは、シャフリヤールに、イクイノックス、ジオグリフに、ダノンベルーガ


他にも、パンサラッサに、ジャックドール、ユーバーレーベン、カラテなど、気になる馬も多い。


今週は、広い東京コースでの中距離王決定戦!
今週も熱いレースに期待したい。




    
 

   

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント