【先週の重賞分析】




東京・オークス(G1)
3連単\5,790円、馬単\650円的中!



先週は、東京競馬場で第77回・オークス(G1)が行われた。


見事、今年のオークスを制したのは、池添騎手騎乗のシンハライトだった。


ある程度、流れていたレース序盤、シンハライトは、内ラチ沿いをぴったりと追走していく。



直線へ向くと、早めに抜け出すビッシュの後方から、シンハライトは、馬群をこじ開けるようにすり抜けてくると、
最後は、一気の末脚で抜き去り、同レースを制した。


鞍上の池添ジョッキーは、「桜花賞では悔しい2着でしたから、強い気持ちを持って挑みました…秋も良い結果が出せるように頑張ります」と、まずはホッとした表情でコメントしていた。

"【先週の重賞分析】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント