【先週の重賞分析】



先週は、東京競馬場で第66回・安田記念(G1)が行われた。



見事、今年の安田記念を制したのは、田辺騎手騎乗のロゴタイプだった。



スタート後、ハナを切ったロゴタイプは、直線に入っても後続から突き放しにかかる。



最後も、馬群の中団から外めをモーリス、フィエロが猛追するも、そのまま押し切り逃げ切り勝ちを決めた。




鞍上の田辺ジョッキーは、「飛ばす事も考えたが、スッと折り合ってくれた」と、まさに、「してやったり」の騎乗だった。



ロゴタイプは、3年2ヶ月ぶりの勝利で、まさに“復活劇”となった。

"【先週の重賞分析】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント