【先週の重賞分析】




東京・エプソムC(G3)
馬単\1,170円的中!



先週は、東京競馬場で第33回・エプソムC(G3)が、
阪神競馬場では、第21回・マーメイドS(G3)が行われた。



見事、今年のエプソムCを制したのは、戸崎騎手騎乗のルージュバックだった。



ルージュバックは、スタートから、馬群の中団につけると、じっくりと追走する。




ラスト直線へ向くと、馬群の外から追い込むと逃げるマイネルミラノを捕らえ、見事、同レースを制した。




一方、マーメイドSを制したのは、松山騎手騎乗のリラヴァティだった。



こちらは、レース中盤、二、三番手を追走する。
最後のゴール前での競り合いでは差し返す位の渋太さを見せ、見事に勝利した。

"【先週の重賞分析】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント