先週の重賞分析



先週は、中京競馬場で、第64回・中京記念(G3)が、
函館競馬場では、第48回・函館2歳ステークス(G3)が行われた。


見事、今年の中京記念を制したのは、福永騎手騎乗のガリバルディだった。


直線、大外一気の差し切り勝ちを決めた。


鞍上の福永ジョッキーは、「う~ん、はまったねえ、今日は決め打ち立ったから・・」と、正にしてやったりの表情のコメントだった。


一方、函館2歳ステークスを制したのは、三浦騎手騎乗のレヴァンテライオンだった。


こちらは、好位を追走すると、直線力強く抜け出すと、そのまま押しきり、レコードタイムで勝利、世代初の重賞ウイナーとなった。

"先週の重賞分析" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント