【先週の重賞分析】




中山・紫苑S(G3)
3連単\14,590円、馬単\2,230円的中!


阪神・セントウルS(G2)
馬単\840円的中!



先週は、中山競馬場で第61回・京成杯AH(G3)、第1回・紫苑S(G3)が、
阪神競馬場で、第30回・セントウルS(G2)が行われた。


見事、今年の京成杯AHを制したのは、池添騎手騎乗のロードクエストだった。


直線で、力強く抜け出すと他馬をねじ伏せて快勝した。


一方、セントウルSを制したのは、福永騎手騎乗のビッグアーサーだった。


こちらは、スタートから、ハナを主張したビッグアーサーは、直線でも後続を寄せつけず、逃げ切り勝ちを決めた。


また、紫苑Sを制したのは、戸崎騎手騎乗のビッシュだった。


こちらも、見事なレース運びで、正に“完勝”といえる内容だった。



馬券的にも、紫苑ステークスは、3連単も的中し、秋競馬に入っても好調をキープ、今週も是非とも、好調の波をキープしていきたい。

"【先週の重賞分析】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント