【先週の重賞分析】




先週は、中山競馬場で第50回・スプリンターズS(G1)が行われた。



見事、今年のスプリンターズSを制したのは、デムーロ騎手騎乗のレッドファルクスだった。


直線、外目から強く追い出されると、じわじわと伸びてきて、最後は、ゴール前、逃げるミッキーアイルを交わし、見事勝利した。



鞍上のデムーロ騎手は、「以前は、さほど強い印象はなかったが、どんどん成長して強くなった。…ズブイ馬なので、なるべく早めに進出しようと思った」と、レース後コメントしていた。




また、1番人気に推されたビッグアーサーは、まさかの圏外、
鞍上の福永ジョッキーは、「自分が下手に乗ってしまった」と、反省しきりの様子だった。

"【先週の重賞分析】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント