【今週の重賞展望】



今週は、阪神競馬場で第68回・朝日杯FS(G1)が行われる。


まず過去のデータから、

過去10年の出走馬について、デビュー戦の着順別に成績を調べると、優勝馬の10頭中、8頭が、デビュー戦で1着だった。


また脚質別にみていくと、
中山開催時から含め、直線一気の追い込みが決まる可能性は低いという事で、追い込み馬には不利な傾向が出ている。


また過去の枠番別成績を調べると、
3着以内馬の大多数が、1~4枠の馬で、内枠が優勢なデータが残っている。



最後に出走馬で有力所を挙げていくと…


まずは、ミスエルテに、モンドキャンノ、サトノアレス、トラスト



他にも、ダンビュライトに、レッドアシェル、タガノアシュラなど気になる馬も多い。



2歳で、初めてビッグタイトルを手にするのはどの馬か…
今週も注目したい。

"【今週の重賞展望】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント