オークス(G1)の展望

今週は、東京競馬場で、
第82回・優駿牝馬オークス(G1)が行われる。


まず、過去の出走回数別でみていくと、

3戦以下の馬は苦戦傾向にあり、逆に9戦以上と多い場合も割引傾向にある。


また、過去のデータで単勝人気別にみていくと、
全体的に、上位人気馬が優性と言えるデータが残っている。

また、前走レース別にみていくと、
圧倒的に、桜花賞組が優秀で、次いで、忘れな草賞、フローラS組と続いている。


最後に、出走馬で注目所を挙げると、

まずは、ソダシに、アカイトリノムスメ、クールキャット、
ファインルージュ、


他にも、ユーバーレーベンに、ククナ、スライリー、アールドヴィーヴルなど、
気になる馬も多い。


芝2400での3歳牝馬の頂点はどの馬に輝くか!?
今週も熱いレースに期待したい。

"オークス(G1)の展望" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント